--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.15

謝罪は勝縁である??

顕正新聞3月1日号2頁の文
――以下全文――
世間でも「信用」や「信頼」を得るのは、己の間違いを謝罪した時である。
親鸞聖人でさえ「われあやまてり、われあやまてり」と仰っている。過ちのない者などあろうはずがない。決して軽蔑されないのだ。
破門された信楽房は謝罪を知らぬ典型人間だった。常にああだこうだと聖人の教えにも素直な姿勢はなかった。
率直に非を認めた謝罪は、信仰の前進ともなり人の信用が深まる勝縁なのである。
――以上――

勝手に人の文章を替えた上、覆面者などと罵っておきながら一言の謝りも無いくせによくも堂々と新聞に書けたものです。
謝る事だらけの人達に何から謝ってもらいましょうか。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yuhi2010.blog110.fc2.com/tb.php/6-f89a48c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2013.07.16 15:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。