--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.25

どうせ分かってもらえないと思って出さなかった手紙

弘宣部長殿

8月1日付け新聞にある、私の手紙に対するご返事と思われる論説を読ませて頂き、かなり誤解をなさっておられる様に感じましたので、再び筆を取りました。
私の文章を故意に変えられたり、非難と公言されていることに憤りを覚えますが、事は後生の一大事、冷静に沙汰しなければなりません。
かなり誤解されて、的外れな反論をなさっていますので、論点を一つに絞ります。
私は高森先生以外の御説法を聞き求めた事はありません。親鸞会の会員一筋、学徒のはしくれです。
聖人のみ教えに善の勧めが有るのは、今更論ずる事ではなく周知の事実です。私も善をするなとか、悪に励めとは言いません。
廃悪修善を教えられたのが仏教です。如来の教法を我も信じ人にも教え聞かしむるばかりなり。
無学な私でも知っています。

ここからが本題です。情けない事に教学力がないため、あくまでも信仰です。
18願の世界に救われたいと、真剣に聞き求めて行けば、救われない事に苦しみ悩み、やがては修善や念仏にすがらずにおれなくなって来ます。
そうなれば、役に立たないからするなといくら言われても、修善に励まずにおれません、念仏唱えずにおれないのです。
せずにおられなくなるのですから、勧めはいりません。するなと言われてもせざるを得ないのです。
18願に向かって苦しんでいないのに、方便だから19願に勧められた修善を頑張りましょうでは、どれだけ経っても18願には入れません。方便の大切さを聞き誤っての求道は空回りとなりませんか?
弘宣部長は、救われない自分に苦しまれた事はありませんか?
ただがわからんと、もがき苦しんだ体験はないのですか?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yuhi2010.blog110.fc2.com/tb.php/5-dc6e0a8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今、悩んでいる人に、さらにもっと悩めば、はっきりする、という論法でしょうか・・・・?いったい、どこまで、悩めばいいのでしょうか?それで、はっきりするものが、機の深信なのでしょうか?前世からの罪悪がはっきりしたのが、信心でしょうか? どれだけ、取り繕っても法が抜けていませんか?
Posted by at 2010.01.26 19:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。